重視するのは資格より人柄!

介護の仕事に興味はあるけれど、無資格であることを理由に諦めていませんか?
確かに就職前に資格を取ろうとすると、かなりの時間とお金を必要とするので、躊躇してしまいますよね。
ましてや、資格取得後に自分には向いていない仕事だと分かったらどうしよう、なんて考えたらなかなか踏み出せないものです。
でも、実は無資格でも登録できる派遣のお仕事はたくさんあるんですよ。

と言うのも、介護業界は慢性的な人手不足のため、無資格者であっても、有資格者をサポートするという仕事の需要があるからなんです。
そのような補助的な仕事をこなす中で、介護の業務内容を知った上で、資格を取得することを考えると良いのではないでしょうか。
特に介護の知識は現場でこそ身に付くものですから、先に現場を知ってから資格取得の勉強をした方がより理解しやすいということもあるので、その点でも無資格から始めることは決して悪いことではありません。

実際、採用担当者が職員を雇う際には、資格や経験の有無よりも、人柄やコミュニケーション能力の有無を重視する傾向があります。
資格が必要というイメージが強いので意外に感じますよね。
もちろん就職後にはスキルアップのために資格の取得を期待されますが、スキルアップは給料アップにもつながり、自分にとってもメリットになるものです。
派遣会社の中には、働きながら資格取得する場合の金銭的なサポートをしてくれる所もあります。
そのため、派遣会社の選び方や登録のポイントを知っておくと良いでしょう。

介護業界は将来にわたって安定して成長していく業界と言えますから、興味を持っているのであればぜひ挑戦してみることをおすすめします。
せっかく興味があるのであれば、諦めずに挑戦してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です